夜の美しさもひときわ。あじさい祭り


春から夏へと移り変わるこの季節、見ごろを迎える花と言えばやっぱり「あじさい」ですよね。ブルー、紫、ピンク、白など、彩りもバリエーション豊か。カタチも品種による違いが大きく、いつ見ても飽きないあじさいの魅力は計り知れません。

日本では古来から、多くのお寺などに植えられ親しまれてきたせいか、このシーズンはどこも「あじさい祭り」が開催されていますよね。静かな境内を散歩しながらあじさい鑑賞されている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、数多くの見どころの中から、夜のライトアップが楽しめるスポットだけに絞っていくつかご紹介します。

欧風の景色と意外にもマッチ!ハウステンボス

長崎県のハウステンボスで開催中の「あじさい祭り」は、7/1(日)まで。こちらの園内には日本最多となる1250品種のあじさいが植えられ、いくつものスポットごとに、異なる表情のあじさいを楽しむことができます。

あじさい

夜のあじさい

6/29(金)まで、ハウステンボスではライトアップイベント「初夏の光の王国」を開催。日本最多の品種を見られるとして人気の「日本一長い800mのあじさいロード」も、あじさいとイルミネーションのコラボで幻想的に輝きます。昼と夜とで全く違った景色を楽しませてくれるあじさいロード。約20分をかけてゆっくりと堪能できる遊歩道では、ころゆくまで写真撮影もできますよ。

そして、園内に咲く「ハートのあじさい」を見つけたら撮影&SNS投稿してみましょう!Instagramまたはtwitterに投稿して、その投稿画面でスタッフに見せると抽選で場内レストランのお食事券が当たるという嬉しいキャンペーンも開催中です。

また、園内のアムステル広場では、色鮮やかなあじさいを見ながら「あじさいコンサート」で優雅なひとときを。演奏は会期中15:00から毎日開催しています。

あじさいと音楽会

夜は、大人の雰囲気でお食事も。ヨーロピアンな気分でディナーを楽しまれてはいかがでしょう。

夜のあじさいと食事

そのほか、ホテルヨーロッパではロビーをあじさい一色にしてお出迎え。宿泊されない方も、ホテルレストラン喫茶利用券(1000円)購入で鑑賞可能です。ワークショップなどのイベントもありますよ。

家族全員で楽しめる♪としまえん

東京都の遊園地、としまえんの「第16回あじさい祭り」は6/25(月)まで開催!

あじさい祭り

150品種のあじさいが1万株植えられたあじさい園は、このためだけに訪れる人が後を絶たない人気スポットです。

毎週土日は「あじさいナイト」が開催されており17:00からの入園料が300円になりますので、あじさいだけを楽しみたい方にも、遊園地の雰囲気をまるごと感じたい方にも、人気のお時間となっています。

夜のあじさい

そして、あじさいナイト開催時には「螢火 ~ホタル光ってます!~」も同時開催。なかなか見られなくなったホタルを、お子さんと一緒に見に行かれるのも楽しいですよね。

あじさい祭りとホタル

そして、遊園地ならではの楽しみ方も満載。

あじさい園に沿って走る模型列車が、あじさい祭り期間中は「あじさい号」に模様替えして走行します。また、園内一番人気のメリーゴーラウンド「カルーセルエルドラド」近くに設置された特設会場ではワークショップイベントも開催しています。

あじさいの押し花

5月27日(日)、6月17日(日) に開催された「あじさい押し花クラフト教室」では、はななびでも人気の教室「アトリエ hana-ya」主宰の若林佳子先生がご指導くださいました。今週末には「あじさいステンドグラス教室」や「小野あずさジャズカルテット」の演奏が開催予定です。

このほか、「あじさい祭りフォトコンテスト」も実施。「第16回としまえん あじさい祭り」の開催期間中に、としまえんあじさい園で撮影された作品を7月13日(金)まで募集しています。なんと、としまえんでは撮影用のカタツムリの貸し出しもおこなっているとのこと。

皆さんも、自慢の一枚をご応募してみてはいかがでしょう。

座ってゆっくり鑑賞。箱根登山鉄道

夜のあじさい号

毎年、あじさいの季節には「あじさい電車」の名で親しまれる箱根登山鉄道ですが、期間限定で沿線の夜間ライトアップを開催、その間「夜のあじさい号」を走らせます。6/16(土)~7/4(水)にお目見えする特別列車「夜のあじさい号」は全席指定で、乗車予約が必要となっています。

ライトに照らされて浮かび上がったあじさいを、車窓からみなさんがゆっくり堪能できるように、徐行や停止を繰り返しながら運転してくれる特別列車なら、まるで額におさまった絵のようなあじさいを撮ることが出来るかもしれませんね。

夜のあじさい電車

また、沿線夜間ライトアップは6/15(金)~7/8(日)と、特別列車走行の期間よりは長め。全席自由席の普通列車でも、昼夜問わず車窓からのあじさいを楽しむことが出来ますので、急なお出かけでも安心ですね。

夜のあじさい電車

昼のあじさい電車

また、箱根登山鉄道の特徴として、走行中、どんどん標高が変わることが挙げられます。そのため、あじさいの見ごろのピークも場所によって最大1か月の差があり、時期に応じて一番美しいあじさいに出会えるというメリットがあります。

昼間のあじさいももちろん綺麗ですから、ケーブルカーやロープウェイを乗り継いで箱根の小旅行を楽しむのもお勧めです♪

ーーーーー

以上、急ぎ足でご紹介しましたが、夜のあじさい鑑賞はいかがでしょうか。各イベントの詳細は以下のサイトからご覧ください♪

ハウステンボス

としまえん

箱根登山鉄道