アレンジ初心者のあなたにピッタリな花材は?


「大好きなお花を自分の手でアレンジしてみたい!」

その気持ちがあれば、どんな材料からフラワーアレンジメントをスタートしても、きっと素敵な作品ができあがることでしょう♪

でもちょっと待って。

作品づくりの目的などに応じて、合う材料とそうでないものとがあるのです。

フラワーアレンジメントで使う材料のことをまとめて花材と呼びますが、その中でも今回は「お花」そのものの種類についてお伝えします。

それぞれにどんな特徴があるの?

生花(フレッシュフラワー)

はなどんやassocie様

生きたお花の特徴といえば「フレッシュである」こと。

そのみずみずしさは生花ならではの魅力です。旬のお花を使って、お部屋の中に居ながらも新しい季節を感じることができますね。

生花はその見た目だけでなく、香りでも私たちの心を満たしてくれます。

また、材料として考えたときに嬉しいのがリーズナブルなお値段。プリザーブドフラワーやアーティフィシャルフラワーと違い、人の手による処理が加えられていないことから、比較的安価に材料を揃えることができます。

ただし、フレッシュであることの難点があるのも事実。切り花をあつかう以上、寿命には限界があります。また、旬のお花を楽しめる代わりに、季節はずれのお花を探したいときにはちょっと苦労するかもしれません。

プリザーブドフラワー

はなどんやassocie様

プリザーブドフラワーは、生の花に脱色処理をほどこした後に染色をし、生き生きとしたお花の表情をとどめたものです。ですから、アレンジされた作品も色鮮やかさをそのままに、長期にわたって楽しむことが出来るのです。

また、染色をしていることから、自然には存在しないような色味のお花もラインナップされています。インテリアやドレスに合わせたアレンジをしたいときにも思い通りの色味のお花を見つけやすいですね!

プリザーブドフラワーの花びらには、お花そのもののやわらかい質感などがそのまま残されているので、つい触れたくなってしまうものですが…それには注意点が。花びらには人工的な処理が加えられているため、多少もろくなりがちなこともあって、よりいっそう丁寧な扱いが必要と言われています。

また、茎の部分が短く切り揃えられていることによって多少アレンジに制限があります。たくさんのお花がぎゅっと詰め込まれたアレンジは、なんともかわいらしくてプリザーブドフラワーの魅力たっぷりですが、逆に、伸びやかな動きを表現することは難しいといえるでしょう。

アーティフィシャルフラワー

はなどんやassocie様

ポリエステルやポリエチレンとなどの素材で作られているアーティフィシャルフラワーですが、安価な「造花」とはまったく違ったクオリティで、生花にはない魅力が表現されています。

当然、色や形を選ぶにあたっての自由度はダントツ。大きさや色味、あらゆる種類の花材にめぐり会うことができます。その結果、アレンジの幅も広くなり、思いのままのデザインに仕上げることが出来るのですね。

出来上がったアレンジは、生花に比べ長いあいだ楽しめるのはもちろんのこと、耐久性が高いため、遠方へ輸送しなければならないときにも安心感があります。

お花が本来持っている「みずみずしさ」や「香り」といった要素がない代わりに、生花を超えた華やかさや利便性に優れているといってもいいでしょう。

あなたにオススメするのはこちら

季節ごとのお花で癒されたい!

画像提供 FOUR SEASONS FLOWER様

そんなあなたにオススメするのはやっぱり「生花」♪

香り高くフレッシュなお花のエネルギーに毎日触れられます。

旬を生かした花材を使ってリーズナブルに、季節を間近で感じてみては。

毎日のメンテナンスで、少しずつアレンジを変えられるのも楽しみのひとつです。そうやってお手入れをしている時間そのものが、至福のリラックスタイムになるかもしれません。

私の「初めての作品」を残したい!

画像提供 FLORAL STYLE – R様

初アレンジを長く楽しみたいあなたには「プリザーブドフラワー」♪

自分の作品を初めて完成させた感動を鮮やかに、ぜひお手元に残してみてはいかがでしょう。

湿気に弱いと言われるプリザーブドフラワーですが、 ケースに入れるなどの工夫をすれば、数年ものあいだ生き生きとした魅力が保たれます。新しい作品を作るたびに増えていくコレクションに囲まれて過ごす時間は格別ですね。

納得いくまでアレンジに挑戦したい!

画像提供 ローズメロウ様

じっくりと作品を完成させたいあなたには「アーティフィシャルフラワー」がオススメ♪豊富な花材で自由度の高いアレンジが可能なため、思い通りのアレンジを目指して試行錯誤する楽しみを満喫できますね。

またアーティフィシャルフラワーは、生花のように作業中に傷んでしまう心配がなく、ゆっくりと時間をかけてこだわりの作品をつくりあげることができます。

特に、すきま時間でアレンジを楽しみたい方にとっては、作業を中断しても枯れてしまわないという特長は大きなメリットです。

それでは実際に花材を扱ってみましょう!

自分の思い描く「お花との付き合い方」がイメージできたら、一度レッスンを体験してみてはいがでしょう?

検索はこちらから

「こだわり検索」で、通いやすい教室やスクールを見つけるのもかんたん!!

お教室情報の上にあるアイコンで、レッスンで扱っている花材や体験レッスンの有無などもご確認くださいね ♪♪♪