フラワーアレンジメントとは、目的や用途に合わせて、お花を配置、配列、編集することです。

このように書いてしまうと堅苦しく聞こえてしまいますね!
自分の伝えたい気持ちを表現するために好きなお花を上手に飾り付けること、と描いたほうがロマンチックかもしれません!

resize.php生花を使うか、造花を使うか、プリザーブドフラワーを使うか、さらには誰かにあげるお花なのか、いつあげるお花なのか、どんな想いを伝えるお花なのか、によってもアレンジは変わります。

アレンジメントには様々な技術や道具があります。
そうした技術や道具を使って、自分のイメージ通りのアレンジに近づけていくのも楽しみの1つです。

フラワーアレンジメントを仕事にしている人も存在していて、フラワーデザイナーやフラワーアレンジャーなどと呼ばれています。
以前は、そこまで注目される仕事ではありませんでしたが、近年、日本でも徐々にフラワーアレンジメントを仕事とする人が増えており、小学生対象の将来なりたい職業ランキングなどでも上位に顔を出すようになってきました。

生け花(華道)との明確な境界線は決められていませんが、一般的に洋風に装飾されている花をフラワーアレンジメントと呼ぶことが多いです。

フラワーアレンジメントの歴史は、古くから始まり、平安時代の頃には花を供えたり、花を挿す習慣があったといわれています。その後、フラワーアレンジメントが広まったのは、日本を訪れたアメリカ人によるものだといわれています。

ひとえにフラワーアレンジメントといっても、様々な種類があります。
まずはご自身の目的や用途を考えてみると良いかもしれませんね!
大好きな花を自分のイメージ通りに飾り付ける楽しみを味わうと、もっとお花が好きになりますよ!

⇒ フラワー用語辞典一覧